家・土地のこと

皆様の重要な財産である家や土地を守る為、誤った方法で大切な財産を危うくしてしまわないように、家や土地を売却・購入、贈与するときなどのお手続きは、専門家である司法書士にご相談下さい。


  • 住宅を新築したとき。
  • 土地や建物を売却、購入するとき。
  • 土地や建物を贈与したいとき、もらうとき。
  • ローンの借換えをしたいとき。
  • 住宅ローンの借入れを完済したとき。
  • 住所を変更したとき。
  • 離婚により土地や建物の名義変更をするとき。
  • 親が亡くなって土地や建物の名義を変えるとき。

会社のこと

商業登記は、株主総会招集時期や、官報公告期間など日程の管理が重要であり、また、法律改正も頻繁に行われています。そのようなお手続きの煩雑さを軽減し、確実にお手続きを行う為にも、専門家である司法書士にお任せ下さい。ご相談、登記までのスケジュール管理、お手続きの流れのご案内、定款、議事録作成など一連のお手続きを承ります。


  • 会社を設立したいとき。
  • 取締役・監査役など、役員に変更があるとき。
  • 増資、減資するとき。
  • 事業目的を追加、変更するとき。
  • 会社名を変更するとき。
  • 会社の本店を移転するとき。
  • 支店を設置、移転するとき。
  • 合併、会社組織を変更するとき。
  • 有限会社から株式会社に変更するとき。
  • 事業を廃止して、会社を解散するとき。
  • 子供への事業承継を考えている。

相続のこと

相続開始後、なにから手をつけたらいいのか、そんなときには、司法書士にご相談下さい。
どうしたらいいのかわからない、話し合いがまとまらない、そのままにしているうちに次の相続が発生する、といった場合もあります。そうなると、話し合いがより困難になり、お手続きが複雑になる場合があります。
専門家である第三者が入ることによって話し合いがスムーズにいくことがあります。


  • 親が亡くなって土地や建物の名義を変えるとき。
  • 相続財産を相続人間で協議し、分割したいとき。
  • 相続人のうち一人が行方不明だが、遺産分割手続きをしたい。
  • 遺言について聞きたい。
  • 相続放棄をしたいとき。

後見のこと

成年後見制度は、認知症により財産管理が難しくなった方に代わって財産管理を行う成年後見人などを選任する制度です。
認知症になった後に成年後見人を選任する法定後見制度の他に、将来認知症になったときの為に、あらかじめご自身で後見人を選任しておく任意後見制度があります。
ご両親やご親族の大切な財産を守り、安心して毎日を過ごしてもらう為、あるいはご自身のより良い毎日の為に、気になるようなことがあるようでしたら、ひとりで悩まずにご相談下さい。


  • 認知症の親の財産管理、老後の財産管理の委任。
  • 父または母が認知症になった。
  • 認知症の父の不動産を売却して、施設入所費に充てたい。
  • 認知症の父の財産管理に困っている。
  • 相続人に認知症の方がいる。
  • 知的障害を持つ子供の将来が心配。
  • 将来判断能力が衰えた後の財産管理が心配。

その他法律に関する諸相談

司法制度の改革、社会の多様化により、司法書士へのご依頼の内容も多岐に渡るようになってきました。
こんなことに困っている、こんなふうにしたいのだけれど、そんなときには、お気軽にご相談下さい。
皆様の様々なニーズに対応できる事務所を目指しております。


コメントは受け付けていません。